QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
みっちゃん
みっちゃん
08年に地元に戻って以来、地元発展の意義を考えながら日々送っています。現在はホテルと農家の仕事をしています。他にも地元イベント企画、サッカー、釣り等のアウトドアも。イロイロやることを詰め込んでいって充実した毎日をすごしたいなぁ。座右の銘はやらぬ後悔より、やって後悔。

2015年01月18日

杭州観光

こんにちは。

やっとウクライナ人との筋トレと中国語の勉強の両立にも慣れてきました。

もうちょっと中国語の勉強を加速させないと!

先日は上海のお隣の杭州に行ってきました。

2000年以上も前に秦の始皇帝が銭塘県を設置して

13世紀くらいにはあの有名なマルコポーロが

ここを訪れ、地上の楽園と比喩した街です。

要は約1000年以上前から交通の要衝、

風光明媚な観光地として栄えてた街ということです。

大先輩のお手並み拝見といった感じでこの旅行に臨みました。


まずはお昼ご飯。「知味観」という中国お墨付きの中華レストランに行ってきました。
結論を言うと、味はそこそこ、サービスは下。上海人の友達も怒ってました(^^;)
本場の中華料理は多分自分の口にはあまり合いません。
上海料理は美味しいです!


次に、メインの西湖。周囲15kmなので、そこまで大きいという湖ではありませんが
やはり2000年以上の歴史が魅力。
あとは景勝地でお金持ちが集まるせいか、ちょっと離れると
グッチとかカルティエとかが入ったモールがいっぱいあって、不釣合い。
なんか、さすが中国といった感じ。


小舟の漕ぎ手のおじさんと記念写真!


この日は日ごろの行いが良いせいか、天気が良く
薄雲か薄スモッグか分かりませんが、おかげで
うっすら太陽の周りに虹ができる日暈(ひがさ)が見れました。
分かるかな(^^;)?


流石に風情ある湖です。
でも、よく考えると湖と夕日があればどこでも撮れてしまう画像。
やはり歴史があるからこそ、重みがあるのかな。


今回泊まったインターコンチネンタル杭州。
わーすごい!と言いつつ、少し悪趣味だなと思ったりもする(^^;)


内部です。


こんな感じです。さすが。圧巻!!
夕食はここのバイキング食べて、それから部屋の写真とかもあるんですが
言うまでもなく豪華なので、省略します(^^;)


そして、翌日西湖周辺では最も歴史のある「霊隠寺」に行ってきました。
2000年近く歴史のあるこの寺は、規模も大きく、
さまざまな仏像もあり、岩壁に掘られた石仏もすばらしかったです。
撮影禁止のところもあるので、機会があればぜひ行ってみてください。
境内にハーゲンダッツの店があるのが中国らしい(^^;)

岩壁に掘られた石仏です。
この写真の石仏はたいしたことはないんですが、光の入り具合がすごくお気に入り!
もっと大きくて、素晴らしい石仏もあるので、機会があればぜひ!


その日のお昼は弄堂里という中華レストランへ。
このでかい田楽ナスみたいなのが美味しかった!
ここでも店員のサービスが悪く、友達を怒らせる(^^;)

そんなこんなでいろいろありましたが、みんなと一緒に楽しむことができました。
旅行の前に具体的に行く場所を聞いてなかったので、
旅行に行ってから、いろいろ調べました。
時間があればまた行って、じっくり見てみたいな。

結果、箱モノとしてはそんなに目立つ大きなものは無いんですが、
長い歴史とか、きれいな景色とか、
すでに「風光明媚な観光地」という先入観があるので
自然と人が寄ってくるのかな、という印象でした。

酒田も少なくとも900年くらいの歴史ときれいな自然があるので、
その辺のストーリーをうまく利用したり、アピールしたりして
継続的な観光戦略が必要なのかな、と思いました。
そうすれば新しい箱モノも必要ないし、
継続的な観光産業の発展ができるのかな、と感じました。

次はマルコポーロに「東洋のベニス」と比喩され
「上有天堂下有蘇杭」
上には天空があって、地上には蘇州と杭州がある
と言われる蘇州に行ってみたいな。




Posted by みっちゃん at 11:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。